医薬・化成品事業部 | このサイトは、ヤマサ醤油株式会社の採用サイトです。

医薬・化成品事業部
Nuclease P1

ヤマサ醤油が1645年の創業時から受け継いできた品質本位の精神は、
製品品質を追求し続ける医薬・化成品事業部にも息づいています。

独自の研究を重ねた結果、リボ核酸(RNA)を5'-ヌクレオチドに選択的に分解する酵素ヌクレアーゼP1を発見。1957年には、得られた核酸成分を効率よく分離精製する技術を開発し、核酸系うまみ調味料5'-イノシン酸、5'-グアニル酸の工業的製法を確立しました。以来、核酸関連化合物に特化して発展し、医薬品原薬・中間体をはじめとして、調味料、化粧品、その他工業製品に幅広く利用されています。長年にわたり積み上げてきた経験と技術をさらに発展させながら、お客様のご要望に合わせた製造、受託サービスを行います。

Nuclease P1

ヤマサと医薬・化成品事業部の歴史

1645年
千葉県銚子で醤油醸造を開始(創業)
1928年
株式会社組織に改組
1957年
リボ核酸分解法による調味料製造法を発明
1964年
「微生物による5'-ヌクレオチド類製造法」の発明に対し、昭和39年度恩賜発明賞を受賞
1970年
医薬品製造業の許可取得
1971年
医薬品原薬製造開始
1989年
GMP適合新棟 完成
1997年
医薬・化成品事業部発足
2000年
ISO 9001認証取得
2003年
GMP適合新棟 完成
2012年
GMP適合新棟 完成

Nuclease P1
新規登録はこちら マイページはこちら
新規登録はこちら マイページはこちら