医薬・化成品 | このサイトは、ヤマサ醤油株式会社の採用サイトです。

ヤマサが求める人材

核酸関連化合物を中心とした医薬(原薬)・化成品、バイオ合成及び化学合成研究、製造管理/医薬(原薬)・化成品の営業

ライフサイエンスの分野で注目されている
当社の最先端の製品を国内・海外に販売してください。

常務取締役 医薬・化成品事業部長 野口 利忠

ヤマサでは、しょうゆの製造で培ってきたバイオテクノロジーの技術を発展させ、1961年に核酸系のうま味調味料を発売、1970年代には核酸関連化合物を医薬品原料や栄養補助食品添加物として製造発売するように事業を拡大し、1997年に医薬・化成品事業部を設立しました。また同じ時期の1976 年には、抗体を使った高感度定量キットを発売し、それを出発点に診断薬部を設立して、主にモノクローナル抗体を使った独創的な体外診断用医薬品を数多く創出し、製造販売してきました。
長い歴史を持つヤマサは伝統に甘んじることなく、常に革新的な分野に挑戦して新しい事業を創出しています。ヤマサの伝統は「革新の連続という伝統」なのです。
診断薬部では、新しい体外診断用医薬品(血液などを体外で分析し病気の診断に利用する診断用キット)を自社開発し製造販売しています。また海外の優れた体外診断薬を国内に導入し販売しています。これらの製品は医薬品ですので、販売にあたっては医療情報を正確に説明するMRの資格が必要です。学術営業活動を行うにあたっては、MR教育を徹底していますが、何よりも大切なことは、当社の診断薬を通して、医療の進歩に貢献したいという情熱と活力です。活動範囲は主に国内ですが、医療の進歩のためにヤマサ製品を介して活躍したいと希望する、信念と活力あるあなたの挑戦を待っています。
医薬・化成品事業部では、核酸関連化合物を医薬品の原料(原薬)として、また栄養補助用の食品添加物として、さらに化粧品の成分として製造販売しています。その販売先は全て企業向けで、顧客は世界トップクラスの製薬会社、食品会社、化粧品会社などです。営業活動の主たる場所は海外であるため、専門知識を駆使した営業力だけでなく英語で交渉する語学力が必要です。しかし一番大切な要件は、世界のイノベーターとパートナーシップを組みながら創出された当社の最先端の製品を、信念と活力を持って世界に広めていきたいという情熱です。世界を舞台に活躍したいという若い力を是非発揮してください。
あなたの希望する分野を書き添えて、ふるってご応募ください。


体外診断薬医薬品

新規登録はこちら マイページはこちら
新規登録はこちら マイページはこちら