技術系職種 向後 優一 | このサイトは、ヤマサ醤油株式会社の採用サイトです。

社員を知る

技術系職種

現場の声を聞けるのが、
エンジニアとしての喜び。

製造本部 設備計画室
2007年入社
専攻分野:工学部 機械工学科卒

向後 優一

向後 優一

銚子出身。高校の通学路にヤマサの本社があった。
大学進学で地元を離れたとき、あらためて銚子に対する想いがわきあがった。地元の産業に貢献したいと考え、ヤマサに就職。

向後 優一

製品の大量生産には、大きな設備を必要とします。すべての製品が同じラインで作られるわけではないので、製品ごとに機械を組み合わせたり、新しく作ったりする必要があります。それぞれの生産計画にあわせ、設備の基本設計や設置管理を行うのか私の仕事です。
この仕事のよいところは、自分たちで生み出した機械の稼働している姿を、すぐそばで確認できることです。工場で働く人たちから、 「今度の機械はすごくいいよ」と声をかけてもらえると、とてもうれしいものです。もちろんその反対もあり、機械の調子が悪ければすぐに現場へ駆けつけなければなりません。けれどそうやって現場の声を聞きながら、自分の作ったものにずっと責任を特っていくことは、エンジニアとしてとても恵まれていると思うのです。

印象深い仕事

向後 優一

ヤマサにはペットボトルやビンに詰められた商品は多いですが、ケチャップやマヨネーズなどでおなじみのソフトボトルに詰められた商品はこれまでにありませんでした。そのソフトボトルを採用した新製品の製造ライン立ち上げをやり遂げたことは、とても強く印象に残っています。
納期と工費に制約があり、おまけに前例のない製品形態だったので、とても難しい仕事でした。「自分のような若手が、こんな大きなプロジェクトを任されていいのだろうか?」と、やりがいを感じつつも不安な日々だったことを覚えています。周囲のフォローもあり、無事に製造ラインが動き出したときは感激しました。生産された製品が出荷のトラックに積み込まれるときは、まるで巣立っていく子どもを見守る親の心境でしたね。

私の新人時代

入社1年目は保全工事課に配属されました。機械のメンテナンスを行う部署です。大学で基礎的な知識は学んでいましたが、実際の工場で使われている機械のことは現場で学ぶしかありません。なかなか現場に行く機会を見つけられなかった新人の私を、当時の上司が「ほら、行くぞ」と現場へ連れ出してくれました。その上司に教わったのは、 「あれこれ考えていないで、とりあえずなんでもやってみなさい」ということです。いまも難題にぶつかったときなどは、このように思うのです。できない理由を考えるより、とりあえず動き出そうと。

新規登録はこちら マイページはこちら
新規登録はこちら マイページはこちら