技術系職種 伊藤 万里恵 | このサイトは、ヤマサ醤油株式会社の採用サイトです。

社員を知る

技術系職種

研究者として育ててくれる。
研究に没頭できる環境です。

医薬・化成品事業部 生物工学研究室
2011年入社
専攻分野:化学生物系専攻修了

伊藤 万里恵

伊藤 万里恵

研究開発職を希望し、就活。
ヤマサの募集を目にし、小2の時に訪れたヤマサの工場見学を思い出す。
ヤマサから一番に内定を頂き、入社を決意。

伊藤 万里恵

生物工学研究室では微生物の代謝や酵素などを使って核酸関連化合物を合成するという研究をしています。また、生産技術開発も行っており、研究と開発の両方を行う部署です。私の仕事は製品になる可能性がある化合物の合成研究をすること。研究テーマは期間によって変わり、日々、次のビジネスにつながるものを探しています。最近は開発系の仕事も多く、生産技術の現場で問題が起きれば、製法の改良なども提案しています。現場に行くと、研究室では試験管でやっていたものが、タンクを使うとこうなるという具体的な話も聞けて、研究に反映できるのが面白いです。基礎研究だけではなく、製造にするにはどうしたらいいかまで両方学べるのは、当研究室のいい所だと思います。

常に「研究者であれ!」の社風

伊藤 万里恵

研究室は入社1年目から基礎研究ができ、社員を研究者として育てたいという方針があります。室長は入社後にドクターを取得し、海外留学をした常に「研究員は研究をしなさい」という熱い人。研究者としてどうあるべきか?を常に問われ、新人の頃は資料作成をする際に「データの見せ方は論文に出すことを意識して作りなさい」と指導されました。「市場のニーズやトレンドにアンテナを張りキャッチをしなさい」と声をかけてくれ、学会へ参加するための出張や研究機材の購入も即、検討してくれます。とにかく「研究をしよう!」という研究室なので、社員間の壁もなく、上司との距離も近く、意見が積極的に言える環境です。私は今、2年ほど追いかけている研究テーマが次のステップに行けそうで、これを成就することが目標です。生物工学研究室は研究に没頭したい、新しい研究をしたい人を待っています。

キャラクターの濃い研究員たち

若手が多い研究室で室長を含め8人の組織ですが、キャラクターの濃い人が多く、楽しい職場です。「これしか食べない」という食べ物にこだわりのある人や実験でラベルとして使うビニールテープはピンク色しか使わないという人もいます。ピンク色を使うと実験が上手くいくことが多いそうで、願掛けがあるようです。ちなみにこの方は男性です。また、実験は周到かつ緻密にやるのに、机の上はそうでも…という人もいます。面白いですよね。部署での飲み会はそんなにないですが、新人歓迎会などがある時は室長が一番お酒を嗜みます。最初の一口を美味しくするためにお昼から水分を取らないなんてことをします。ホント面白いです。それぞれが自分のペースで研究をしていますが、個性あふれるメンバーと仕事ができ、楽しい毎日です。

新規登録はこちら マイページはこちら
新規登録はこちら マイページはこちら